読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

土地の仲介と買い取りによる売却のメリット・デメリット

土地を売却する方法としては、大きく分けて2つの方法があります。その二つの方法ですが、「仲介」と「買い取り」です。実はどちらにもそれぞれメリットとデメリットがあるのです。問題はどちらのメリットのほうが大きく感じるか、デメリットのほうが大きく感じるか、ということです。 こちらでは、仲介と買い取りによる不動産お売却方法についてそれぞれのメリットとデメリットを明らかにします。 土地を売却したいけど、どのような方法で売却したら良いのかわからない、という方は必見です。

一般的な土地売却方法|仲介のメリットとデメリット

【メリットについて】

・高額で売却できる可能性がある ・自分の希望する金額が設定できる可能性がある 土地を仲介で売却する場合の最大のメリットが売却額です。高く売却できる可能性があるのです。仲介の場合は、不動産仲介業者が間には入りますが、基本的には売り手と買い手の直接的な売買です。買い手が一般の人であれば、市場価格に近い金額に近い額で売却することも可能なわけです。 さらに売る時の金額ですが、自分の希望がある程度は叶えられます。希望額がある場合には、その額に合わせた売り出し価格が設定できます。もちろん、仲介業者としっかりと話し合った上で設定しましょう。相場よりも離れすぎた金額を設定してしまうと、売れるものも売れなくなってしまいます。

【デメリットについて】

・売却までに時間がかかってしまう ・売却時期や金額の見通しがききにくいので資金計画に問題が生じてしまう ・仲介手数料が発生してしまう ・土地の売却が公にされてしまう ・瑕疵担保責任が問われる可能性あり ・リフォーム費用の負担を強いられる可能性あり ※土地だけの売却の場合には、リフォーム費用の負担というものは基本的に考える必要はありません。 土地の仲介売却の最大のデメリットは、売却がいつ出来るのかが分かっていない、という部分です。売りに出して買い手が現れるのを待たなければなりません。宣伝力の弱い業者にお願いしてしまうようなことがあると、自分の土地が何年も売れ残ってしまう、といった可能性もないわけではありません。 売れないので、今度は売却額を引き下げていく、ということも考えなければならないのです。最初に想定していた金額よりも明らかに価格が下がってしまう恐れもあるので注意して対応しなければなりません。 仲介手数料の問題にも注目しましょう。仲介業者を介して売却することになるので、仲介手数料がどうしても発生してしまうのです。 仲介手数料は土地の金額にもよりますが、100万円を超えるケースもあります。安くはないのです。 ※土地の売却額が3,000万円を超える場合には100万円を超えてくることが一般的です。 ※厳密には仲介手数料は上限額のみが設定されているので、仲介業者さえ良ければゼロにすることも可能です。 プライバシーの問題も考えなければなりません。不動産が仲介で売りに出されるようなケースですが、宣伝をおこなうわけです。さらに土地に対して看板を設置することもあります。ご近所に売っていることが分かってしまうのです。 あまり知っている人も多くないかもしれませんが、土地にも瑕疵担保責任がある、ということは理解しておかなければなりません。買い手に対して情報をしっかりと伝えていないと、瑕疵担保責任を問われる恐れもあるので注意しましょう。 たとえば、地盤の弱さであったり土壌汚染があとで発覚すると大きな問題に発展してしまいます。 ※土地の瑕疵担保責任については「一般社団法人 大阪府 宅地建物取引業協会」のホームページを参考にしました(「土地の瑕疵担保責任について」(http://www.osaka-takken.or.jp/knowledge/2016/06/QA030.html))

土地買取りのメリット・デメリット

【メリット】

・売却までのスパンが短い ・売却時期や金額が明確なので、資金計画が立てやすくなる ・プライバシーを守れる(売却することを公にしなくて済む) ・仲介手数料やリフォーム費用がかかってくることもない ・瑕疵担保責任を負わなくて済む ※土地のみの売却の場合はリフォーム費用は発生しません 土地買取りに関しては業者に対して売却を行います。すぐにでも売ることが出来るので、早ければ数日、遅くても1ヶ月以内には話がまとまって売却できるのです。 売却時期もすぐに判明しますし、金額も前もって分かっているので、今後の資金計画も立てやすいです。不動産を売却して新しい不動産を購入する、という場合でも資金のめどが付きやすくなるわけです。 買い取りの場合は売却活動といったものは実施しません。業者との2者交渉となるので、売出しなどの広告宣伝を実施しなくて済むのです。さらに土地に対して看板が立てかけられるようなこともありません。周りに知られることなくひっそりと売却できるメリットがあります。 仲介されての売却ではないので仲介手数料が発生することもありません。仲介手数料を節約したい、という方に適しているのが買い取りなのです。 瑕疵担保責任を負わなくて済むケースがほとんどになる、といったメリットにも注目しなければなりません。 「不動産買取が成立した時点でその業者の商品となります。その後の売却時に土地に瑕疵が見つかったとしても、売主は買取業者となるわけです。」(「不動産買取査定.com」の「瑕疵担保責任の観点から土地買取時のメリットを考える」より抜粋(参考:http://www.kaitoruzo.com/column/index/detail/31/land

【デメリットについて】

・仲介による売却よりも安くなってしまう 非常に悩ましい問題ですが、仲介ではなく買い取りを洗濯してしまうと価格が大幅にダウンしてしまうのです。土地によっても価格差は異なりますが、平均化すると20%ほど安くなってしまう、ということが言われているのです。 たとえば、仲介であれば3,000万円で売れるはずであったものが買い取りになってしまうと2,400万円になってしまうようなイメージです。 仲介よりも安く売らなければいけないことを納得した上で、買い取りによる売却をするかしないかを判断しましょう。

まとめ|仲介と買い取りのどちらを選択すべきか?

考え方は人それぞれですが、時間出来な余裕がある場合には「仲介」を選択するのが無難です。 そもそも不動産の売買には大きなお金が動きます。20%の価格差というと、数百万円の開きになってしまうわけです。土地を少しでも高く売却したい、という考えを持っているのであれば仲介を選択してください。 一方で買い取りを選択するケースですが、どうしてもすぐに売らなければならない、といったときにおすすめです。仲介の場合は売却されるまでにどれだけの期間がかかるのか分かりません。数カ月かかるかもしれませんし、1年間以上かかってしまうこともあるのです。 1ヶ月以内にどうしても売りたい、という希望がある場合には買い取りも選択肢に入れるべきです。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します