読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

土地を少しでも高く売却できる時期とは?

土地を売却しようと思っている場合には、誰しも少しでも高く売りたい、といった希望を持っているわけです。せっかく売却するのであれば、少しでも今後の生活の足しにしたい、といった気持ちもあるでしょう。新しい住まいの購入を考えている方は、売却金額を当てにしているケースも珍しくありませんよね。 土地を高く売るためには、一括見積査定を受ける、ということが極めて重要です。少しでも高く評価してくれる不動産仲介業者を見つけやすい、といった特徴があります。 そこで土地を少しいでも高く売る、ということを考えた場合に「時期」についても考察してみることが必要です。時期によって不動産が高く売れるのではないか、ということも頭をよぎりますよね。 今回は土地の売却と時期の関係性について明らかにします。 少しでも不動産を高く売りたい、と思っている方は必見ですよ。

特に高く売却できる時期は決まっていない

・1月から3月のシーズンは高く売れる可能性もあるが・・・

1月から3月にかけては、賃貸物件の契約件数が極めて多くなる時期です。進学や就職、そして人事異動の時期にも重なってくるからです。ですから土地の価格にも一定の影響を与えてくる、ということも考えられます。 しかし、土地に関しては賃貸物件とは異なります。そもそも土地だけの不動産であると、そのまま住まいとすることは出来ません。人事異動に合わせて重歌供養の物件を購入するにしても1月から3月の購入では4月に間に合わないわけです。物件を建てなければなりません。そういったことも考えると、土地に関する高く売れる時期と言おうものは明確にはない、ということになります。

・強いてあげるとすると・・・

夏から秋にかけて高く売却できるチャンスがあります。4月の引っ越しの時期に合わせて、前もって不動産(土地)を購入しておき4月に向けて住宅の建築に入っていくわけです。 夏から秋にかけての土地の価格の高まりですが、残念ですが数字としてはほとんど現れてきません。少し販売意欲の高い買い手が現れやすい、とういったメリットがある程度でしょうか。 以上のような理由から、土地が高く売れる時期は基本的にはありません。ですから時期に関係なく売りに出すべきです。 そもそも土地の買い手はなかなか現れない、ということもあるわけです。売れるまでに半年以上かかるケースや1年以上かかることも珍しくはありません。いつまでも売れないでいると、その間も固定資産税などがかかり続けてしまいます。そういったこともあるからこそ、早めに売り出して早い段階で売れるように計画をたてるべきなのです。

不動産を高く売却するためのちょっとしたコツ

導入部分で述べたように、土地を高く売るためには不動産系の一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。しかし、それ以外にも細々としたコツがたくさんあるのです。こちらでは特におすすめの利用しやすいものを紹介させてもらいます。 興味がある物があったら採用してみませんか。

・不動産の価格は交渉の余地がある設定にすること

自分の希望ばかりを押し付けてしまうと、なかなか買い手が現れません。買い手が現れないと、結果的に金額を下げざるをえなくなり安く買い叩かれてしまうのです。 まずは自分の理想の売却希望金額と、希望最低価格を出してみましょう。そして時期を見て価格を変動させていくのです。 最初は強気に出ても良いでしょう。なるべく売却希望価格で売りに出します。しかし、なかなか買い手が現れない場合には、その価格は高すぎると買い手側に感じさせているのかもしれません。そこで一気に売却金額を引き下げないでください。足元を見られてしまいます。少しずつ下げていくのです。何段階かに別けた価格設定をしてみるのもいいでしょう。 例えば以下のような感じです。

・売却希望価格・・・2,000万円
・最低希望価格・・・1,500万円
・売り出してから3ヶ月間は2,000円の設定にする
・3ヶ月後は1ヶ月毎に100万円ずつ引き下げていく
・それでも売れなかったら最終的に1,500万円に設定する

上記のような段階を踏むと、基本的には最低希望価格以上では売却できるようになります。売れないからと言ってすぐに一気に引き下げてしまうと損してしまうかもしれないのです。

・交渉は冷静に行なうこと

売り手側は高く売りたいです。 買い手側は安く買いたいです。 双方ともに不動産の売買を行っていきたいとは思いつつも、希望は180度異なっているわけです。だからこそ、買い手側からいきなり無理難題のような価格交渉をされてしまうかもしれません。 そこで嫌な気分になってしまうのは仕方ないかもしれません。しかし、無理な価格を掲示されたからと言って交渉を打ち切ってしまうのは少しもったいないのです。よほど立地条件がよく人気の土地であれば良いかもしれませんが、なかなか買い手がつきにくい土地であった場合には感情的にならずに、もうしばらく交渉を継続しましょう。 まずはその土地のメリットを述べると良いでしょう。駅から近い物件であったり、近くにスーパーや学校があったりなどを伝えるだけでも土地の魅力度は増すわけです。その上で、こちらの希望額と相手の希望額を詰めていきましょう。 最初は無理難題的な金額をふっかけられてしまったとしても、最終的な契約金額は売り手側の希望金額に近い状態になった、というケースも多く報告されているのです。

【相手側の予算を調べてみる方法もある】

無理な交渉はやはり避けたいところです。 相手側にも予算があるので、最初から双方の希望がマッチングしていないこともあります。相手側のある程度の予算を探る、ということも大事でしょう。そもそも買い手側はローンを組んで購入をするはずです。どのくらいのローンを組める相手なのか、ということを不動産仲介業者などを介して調べておくのも、土地売却には必要になってきますよ。

・土地が売れる前に新たに不動産を購入しない

土地の売却と土地の購入をほぼ同時に考えている、という方も多いでしょう。特に住まいとしていた土地を売ろうとするときには、新しい住まいの購入も同時に考えていかなければなりません。 そこで同時に売却活動と購入活動に入るわけですが、先に購入してしまう方が多いのです。こうなると売れないと困ってしまいます。売却した金額で新しい不動産の購入をしようとするケースがほとんどですからね。 そこで焦ってしまうわけです。本来であればもう少し粘れば高く売れるところを、我慢しきれずに安く契約してしまった、というケースが多くなっています。まずは売れるメドをつけることから始めてください。その上で新たに購入する物件を決めたほうが安全です。

・机上査定に期待しすぎないこと

査定には2つあります。

・机上査定
・訪問査定

机上査定に関しては、様々な情報からその物件の価値を明らかにしていくものです。仮の審査結果のようなものです。 訪問査定は実際に不動産を確認した上で査定額を出すものです。訪問査定で導き出された査定額は、より詳しい査定額となるので、その金額に近い金額で売り出すことになります。 机上査定では不動産の状況を詳しく把握できないので、業者も高めに出してくることが多いのです。その金額を信用しすぎてしまうと後でガッカリしてしまうので、机上査定はあってないようなもの、といった認識を持ちましょう。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します