読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

土地は売却以外にも買い取りという方法がある

土地に関しては、不必要なものは売却するのがおすすめです。しかし、土地を売るというのはかんたんではありません。やはり買い手を探さなければならないのです。買い手が現れるまでには、半年や1年、それ以上の期間がかかってしまうこともあります。売りたい期限が差し迫っているようなケースには、悠長に待ってはいられないわけです。 こちらでは土地の売却に関して、買い取りという方法もある、ということをお教えします。売却を長い期間待っていられない、というケースにおすすめの対処方法です。

そもそも買い取りとは何なのか?

・業者に直接購入をしてもらうもの

基本的な不動産売却ですが、業者に対して買い手を探してもらうことから始めます。そして買い手が見つかった時にはじめて売れる、といった内容になっているわけです。 一方で買い取りに関しては、不動産専門の買取業者や不動産会社などに直接販売することをいいます。買い手を見つけ出して貰う前に、業者に対して売ってしまうのです。 土地の買い取りですが、実はメリットもデメリットもあります。双方をしっかり理解して利用するか、それともやめるのか、ということを考えておかなければなりません。自身にとってデメリットが大きい、と判断した場合には一般的な仲介売却に切り替えていくことも検討すべきです。

買い取りによる売却のメリットとデメリット

・メリット

・人に知られることなく売却ができる
・資金計画が立てやすくなる
・短期間売却につながりやすい
・仲介手数料が節約可能になる
・瑕疵担保責任が免除される

【不動産売却がご近所さんに知られにくい】

不動産を売却するとなると、家に「売り物件」などといった看板がたてられることになります。住みながら不動産を売るというときには、ご近所さんに対しても色々と説明をしなければならないわけです。 広告も出すことになるので、思ったよりも広範囲に渡って物件を売ることが発覚してしまいます。 買い取りを利用すると、業者との直接取引になるわけです。広告を一切行なうことがないので、他人に知られずに売ることが出来るのです。

【資金計画について】

土地の売却が決まったとしても、通常の売却に関してはどうしても時間がかかってしまうのです。決まった時期に決まった金額が入ってくるわけではありません。そのお金を当てにしていると、計画がくるってしまう、ということも十分に考えられるわけです。 買い取りに関しては、買ってくれる業者が見つかればすぐに売却できるので資金契約が立てやすくなります。

【短い期間で売却できる】

買い取りの最大のメリットです。 一般的な仲介しての売却は時間が非常にかかってしまうわけです。不動産を現金化するまでに、2年間や3年間かかる例もあります。そもそも買い手が現れ得なければ売却はできません。 一方で買い取りの場合は、早ければ数日で現金化される可能性もあります。話がまとまればすぐにでも買い取りしてもらえるのです。

【仲介手数料について】

一般的な不動産の売却は業者に仲介してもらうので仲介手数料が発生します。しかし、買い取りに関しては仲介という概念が存在しません。そのまま業者に対して不動産を売却するからです。 嬉しいことに、買い取りで不動産を売却する場合には仲介手数料がかからない、ということになります。

【瑕疵担保責任について】

仲介の売却をすると、基本的に瑕疵担保責任が発生します。不動産に何かしらの問題があった場合には責任を追わなければならないのです。 しかし、買い取りに関しては物件に問題があった場合も責任を負う必要はありません。相手は業者でもあるので、事前にしっかりと調べているはずなのです。

・デメリット

・売却金額が低くなってしまう

【買い取りの売却金額について】

非常に悩ましい問題ですが、不動産を買い取りで売却しようとする場合ですが、どうしても価格がダウンしてしまうのです。 一般的に仲介による売却の場合は、当事者間の売買です。一部仲介業者が取り分を持っていくことになりますが、その金額も限定的なので、高く売れることがほとんどです。 一方で買い取りとなると、不動産業者や買取業者が一旦は不動産を取得します。そこから自ら売却活動を行って売っていくことになるのです。経費というものが大きくかかってくるので、その分買取価格は引き下げられてしまいます。 ちなみに、業者が物件を購入した場合には以下のような費用が差し引かれる可能性があります。

・リフォームする費用
・仲介手数料の金額
・業者としてのマージン(利益)
・業者が金融機関から融資を受けた場合の事務手数料など

買い取りによる売却金額は市場売却価格の何割程度なのか?

・60%程度の金額になることが多い

普通に売却すると5,000万円である物件であったとしても、買い取りを利用すると3,000万円程度になってしまうのです。 もちろん直ぐに現金が手に入る、といったメリットはありますが、だいぶ手に入れる金額は低くなってしまうので、悩みどころでもあります。 注目をしてほしいのが、物件を早く売りたいのか、それとも多少の時間はかけても平気なのか、ということです。 すぐにでも売らなければならない理由があるときには、買い取りを利用しましょう。金額のことをどうこう言っている暇はないはずです。一方で、時間的な余裕がある場合にはなるべく仲介の一般的な売却を検討すべきです。高く売れるチャンスがあるので、まずは仲介売買にチャレンジしましょう。

買い取りによる売却の二つの種類

・「即時買い取り」について

市場への売却活動を一切おこなわないで業者に買い取ってもらう手法のことを指しています。すぐに売りたい場合に重宝できるものとなっていますが、売却価格が低下してしまう恐れがあるので注意しなければなりません。

・「買い取り保証」について

こちらは一般的な仲介売却と買い取りを組み合わせた手法になります。 まずは市場で一定期間売却活動を実施します。その売却活動で売却が上手くいかなかった場合には事前位約束した金額で買い取ってもらう、という内容になっているわけです。 市場で売却活動をしている時に売れればそれだけ高い金額で取引することになるので、多少の時間の余裕がある方に適した買取方法です。 ちなみに買取保証はすべての業者が対応してくれているのではなく、不動産業者がメインで行ってくれています。

買い取りにかかる経費について

・印紙代
・抵当権抹消登記費用
・譲渡所得税

上記した費用がメインとなってきます。 買い取りの場合は仲介手数料がかかってこないので、売却時にかかってくる諸経費については低く抑えられるのです。 ちなみに譲渡所得税に関しては、控除もあるので基本的には発生しないことがほとんどです。大幅な売却益が出た場合のみ支払うもの、といった認識で間違いありません。 ちなみに上記した経費の中で最も高くかかってくるのは、抵当権抹消登記費用です。司法書士に依頼すると、10万円から20万円近くかかってしまうこともあります。しかし、自分で実施すると10,000円前後でできるのでチャレンジしてみても良いかもしれません。 ※抵当権の抹消登記費用については「不動産売買登記・相続登記ドットコム」の「抵当権抹消登記などの費用」を参考にしました(参考:http://www.2103toki.com/teitouken02/index.html

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します