読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

土地売却で失敗しないための方法|売却に必要な書類を準備する

土地売却で成功するためには、失敗しないことです。単純なことではありますが、多くの方が土地売却ではミスをおかしてしまいます。 土地の売却で失敗しないためには、売却の必要な書類を事前に用意しておく、というものがあります。売却に必要な書類の準備が遅れてしまうと、売り時を逃す、ということにもなりかねないわけです。 では、土地の売却で必要になる書類にはどんなものがあるのでしょうか。確認してみましょう。

自身に関する書類を準備しよう

特にこちらについては詳しい解説はいらないかもしれません。ただし、前もって知っておかないと用意し忘れてしまうものがあることも事実なので、理解しておく必要があります。

・身分証明書
・実印
・印鑑証明書
・住民票
・銀行口座の通帳
・ローンの残高証明書

身分証明書に関しては、運転免許証やパスポート、保険証などの一般的なもので問題ありません。実印に関しても、普段使っているもので問題ないです。 印鑑証明書に関してはちょっと難しく感じる方もいるかもしれません。不動産の売買や自動車の売買などで必要になってくる書類です。正式には「印鑑登録証明書」といいます。 印鑑登録証明書の発行に関しては自治体の窓口や自動交付機、さらにコンビニで行なえます。発行費用がかかり、数百円程度の費用が発生するのです。ちなみに印鑑証明書は本人ではなくても、代理人が申請することも可能です。 印鑑証明書は3ヶ月以内のものを求められるので、古いものは提出しないでください。 ※印鑑証明書に関しては「女性が印鑑を作る時。」の「「印鑑証明書」を取るにはどんな手続きが必要ですか?」を参考にしました(参考:http://namae.kaiunya.jp/2013/12/inkansyoumei/) 住民票に関しては、売却する不動産と住所が違う場合には用意しなければなりません。こちらも3ヶ月以内に発行されたものが必要です。 銀行口座の通帳に関しては、売却代金や手付金の受け取りに利用されます。 ローンの残高証明書に関しては、住宅ローンを利用しており、さらに残債がある場合に必要になります。住宅ローンを利用し体内ケースや支払いが終わっているケースは必要ありません。

売却予定不動産に関連する書類

準備すべき書類の特に重要なものです。前述した必要書類に関しては、比較的取得しやすいでしょう。しかし、不動産に関わる書類に関しては、前もってどういった書類が必要なのかを把握しておかなければ、率先して準備するのは難しいはずです。

・登記簿謄本
・登記済権利書
・売買契約書
・重要事項説明書
・土地測量図
・境界確認書
・図面や設備の仕様書
・固定資産税納税通知書
・維持費等の書類
・マンションの規約
・建築確認済書及び検査済書、建築設計図書

すべての書類を自発的に揃えるのは難しいと思います。ですから、不動産業者にアドバイスを貰いながら集めていく、ということが基本的にはおすすめです。自分ですべて集めようとすると、必ず用意できていない書類がでてきてしまうものです。

【登記簿謄本について】

登記事項証明書と呼ばれているものです。 不動産に関連するような情報が掲載されているので、売却時には必須となります。 取得先は法務局となっていますが、不動産仲介業者の担当者に取得を依頼することも可能です。

【登記済権利書について】

売りたいと思っているあなたがその土地の本当の所有者であることを証明するための書類です。不動産を購入した時に法務局から貰っているはずの書類です。

【売買契約書について】

不動産を購入した時に受け取った契約書です。 非常に重要な書類である不動産の状況や特約などの情報が詳しく記載されています売買契約書を見れば、その不動産の状況がはっきりと見えてくるのです。

【重要事項説明書について】

かなり分かりづらい書類かもしれません。 不動産を購入した時に貰った書類です。 不動産について何かしらの告知事項がないかを確認出来る書類です。

【土地測量図・境界確認書について】

土地の面積や境界線を明らかにするために必須の書類です。売却時には重要な書類となるので、事前に準備しておきましょう。 仮に境界線がハッキリと確認されていない場合には、相手の土地所有者と協議をしなければなりません。そのうえで新たに測量図を作成しなければならないのです。

【図面や設備の仕様書について】

土地に建物が付属している場合には、その物件の間取りや設備に関する情報を確認しなければなりません。その時に必要になってくる書類です。 建物に何かしらの良い設備がある場合には、販売図面に掲載することで不動産を高く評価してもらうことが可能です。少しでも不動産を高く売りたい、という方は注目しましょう。

【固定資産税納税通知書について】

その字のごとく、固定資産税の費用を知るために必要な書類となります。 陶器を移転する時に必須となる登録免許税を計算するために必要になるのです。 ちなみに固定資産税は1月1日の所有者に課税されます。不動産を売却するときには固定資産税の精算を実施するので、重要な書類というわけです。

【維持費等の書類について】

こちらはマンションの売却を考えている方のみが必要になる書類です。 ・マンション管理費 ・修繕積立金 上記のような維持費を確認できる書類となっており、固定資産税と同様に決済日を基準として精算することになります。

【マンションの規約について】

こちらもマンションの売却を計画している人の見が用意しなければならない書類です。 ・どのような管理がされているのか? ・ペットの飼育は許可されているのか? 上記のようなマンション独自の規約を把握できる書類となっています。

【建築確認済書及び検査済書、建築設計図書について】

建築確認済書及び検査済書は、物件が建築基準法を満たしているかを証明する書類となっています。 土地だけの売却では必要ありませんが、一戸建ての売却を計画している場合には必須の書類となります。 建築設計図書は、将来物件をリフォームする時に必要になってくる書類です。必須ではありませんが、できるだけ提出すると買い主さんも安心してくれます。

土地のみを売却するときに必要になる書類

こちらでは一戸建てやマンションの売却を除いて、土地のみを売却するときに必要になる書類を以下に掲載します。実際に売却するときに役立ててください。

・登記簿謄本
・売買契約書
・重要事項説明書
・土地測量図
・境界確認書
・固定資産税納税通知書
・身分証明書
・実印
・印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
・住民票(3ヶ月以内のもの)
・銀行口座の通帳
・住宅ローンの残高証明書
・登記済権利書

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します