読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

焦りは禁物!売却期間には余裕を持とう

家を売る時には、期間も考えると思います。いつまでには売却を決めたい、と思うわけですよね。

家を高く売るためには、その売却までの期間設定、というものも大きく関わってくるのです。なるべく期間設定には余裕を持ってください。余裕が無いと、高く売れるはずの物件も安く買い叩かれてしまいかねません。

こちらでは、売却期間と売却価格の関係性について徹底解説します。


■そもそも物件が売れるまでには時間がかかるもの

・短期間で売れる物件は限られている

築年数が浅い場合や人気のエリアにある物件に関しては、早めに買い手がつく例もあります。売りに出した途端、すぐにアクションがある、というケースも少なくありません。しかも、価格交渉も殆ど無く、希望した金額に近い金額で売れることもあるほどです。

売りに出す物件のほとんどは、それほど好条件ではありません。売れるのに最低でも3ヶ月以上はかかってしまうものなのです。そこで注目しなければならないのが、売却期間まである程度の余裕を持つ、ということです。

仮に売却期間を短く設定してしまえば、すぐに売却をしなければならないかもしれません。最初に手を上げた方に売らなければならないことも考えられます。いわゆる比較対象がいないので、言い値で売るような状況になってしまうかもしれません。

高く売るためには、何人かの希望者の中で最も好条件を出してくれるような方に売る、ということが必要になってくるのです。そのためには、長期間お売却期間を設定し、希望者が何人か現れてくれなければなりません。
売却期間を3ヶ月程度に設定してしまうと、実質そのようなことは無理になってきます。


■どのくらいのゆとりを持つべきなのか?

・半年から1年位の余裕は持つべき

家を売る時には、半年から1年程度は売却活動が出来る、といった状態にすることが肝心です。
それだけの余裕があれば、焦って価格を下げるような必要性もありません。自分の希望価格で買ってくれる方が現れるまで待てばよいのです。

ちなみに、買い替えを考えている場合には、売却活動を先行させましょう。同時に始めてしまうと、物件購入が先に住んでしまい、売却活動を焦らせてしまう可能性があります。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します