読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

これから2020年までが売りどき!

不動産を売っても高く売れないのではないか?と思っている方も多いかもしれません。しかし、今が物件を売るチャンスです。しかも、高く売れるチャンスが来ているので、この機会を逃す手はありません。

こちらでは、2020年までが家を売るチャンス、といった事をお話させてもらいます。


■2020年までが売りどきの理由

・東京オリンピックがあるから

2020年は東京オリンピックが開催されます。東京オリンピックが開催されることで、不動産特需が起きるのではないか?といったことが言われています。

アジア圏からの投資が行われると考えられているからです。実際に、現状でもオリンピックに向けて東京の不動産業界は活況を呈しています。実は、この2020年までが最後のチャンス、といった言われ方をしています。今後は不動産が高く売り買いされる可能性はそれほど高くないと考えられており、いま売却を考えている方はこの時期を逃す手はありません。

オリンピック熱が本格化してくれば、新築熱がさらに高まる、といったことも十分に考えられます。2016年の現在は、特に不動産を高く売れるチャンスが来ていると考えられます。2020年直前になると建築が間に合わない、といったケースも考えられており、2016年からから2017年に不動産を売却するべきです。

・アジア圏からの投資熱について

日本ではバブルの苦い思い出があるので、不動産売買に消極的な方が多いです。しかし、海外は異なっており、特に中国の投資家は世界に向けて積極的にお金を出しています。日本の不動産もターゲットの一つです。

当初は、1億円以下のマンションに投資するケースが多かったのですが、最近ではビルを購入したり商業施設を買収したりケースも出てきています。その爆破的な影響力で、不動産価格を押し上げているのです。
中国から流入している資金は、オリンピック開始の2020年を超えてしまえば落ち着くと予想されています。その時期を逃すことなく、流れに乗って売却しましょう。

・円安も海外からの資金流入を助けているが・・・

一時は円高の影響で1ドル80円を切っていることもありました。しかし、それから120円前後まで円安になったことは記憶に新しいです。2016年8月現在では100円前後担っていますが、円安となっていることで、日本に資金が流れ込みやすい状況となっています。
円高になると、海外からの資金が入りにくくなるので、やはり円安のいまが売りどきです。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します