読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

耐震診断は受けるべきか?

日本はとにかく地震が多い地域です。全国的に、いつ地震が起きるかもわかりません。近年でも東日本大震災や、熊本の地震もありました。

そこで注目しなければならないのが、家の耐震性です。家の耐震性がなければ、心配ですよね。大きな揺れが来たら家が倒壊してしまうかもしれません。家がない状態になってしまえば、路頭に迷うことも十分に考えられます。

今回は家の売却と耐震診断についてお話します。家を得る前に診断を受けておくべきなのでしょうか?


■耐震診断の義務はないが受けておくほうが良い

・買い手の安心感は重要

買い手としても、長期的に済むことを考えたら、やはり安全な物件に魅力を感じます。いかに魅力的な立地であったとしても、耐震性に不安があれば購入を手控えられてしまうかもしれません。

そもそも、耐震診断はかなり一般的になっています。であるにもかかわらず「診断は受けていません。」で済ませられると、「この家は平気なのか?」と普通は思ってしまうのです。
買い手にしっかりと説明できるようにするためにも、事前に耐震診断は受けておきましょう。

・耐震診断を行わないデメリット

価格交渉に利用されてしまう可能性があります。耐震性能が疑われている物件で、しかも耐震診断が行われていない場合には、補強工事費用をするための費用の値引き交渉を行われてしまうかも知れません。
どのみち、耐震診断費用は支払わなければならない、といった状況も考えられるのです。


■耐震診断について

・自治体に助成がある場合も

耐震診断は費用がかかるので行いたくない、と思っている方も多いかもしれません。しかし、自治体によっては診断費用の助成が受けられる場合もあります。思ったよりも費用が発生しない可能性もあるので、受けておきましょう。

ただ、注意しなければいけないのが、耐震診断を受けた結果、補強しなければならなくなった、というケースです。こうなると話は変わってきます。補強工事分の費用が、物件価格に上乗せできるとは限りません。マイナスになってしまうこともありえるのです。

耐震補強工事が必要になりそうな場合には、耐震診断を受けないままの状態のままで売る、といった選択肢もないわけではありません。この辺りは物件が出来た時期にも左右されるので、物件ごとに判断していきましょう。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します