読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

アスベスト調査は受けるべきか?

アスベストに関する問題が大きくなったこともあります。健康被害が発生してしまうかもしれないからです。実際に、アスベストによって大きな健康被害が発生してしまったこともありました。

そこで注目しなければならないのが、物件を売却する前にアスベスト調査を受けておくべきなのか?ということです。調査を受けて安全である、と分かればアピールポイントにもなるのです。

こちらでは、家を売るという行為とアスベスト調査の関係性について徹底解説します。


■アスベスト調査は受けておくべき

・安心感を与えることに繋がる

家を得る前に受ける調査としてはアスベスト調査の他に耐震診断もありますが、どちらかと言えば耐震診断のほうが重要です。地震はいつ起こるかわかりません。定期的に、日本各地で大きな地震も起きており、家の耐震に関しては高い関心があるのです。

しかし、アスベストに関しては一時期に非常に話題になりましたが、最近ではほとんどニュースにもなりません。それほど関心は高くないのが現状なのです。

しかし、家の安全性を知らせるためには、アスベスト調査も重要です。建材にアスベストが含まれていない状態であれば、安全性の高い物件である、といったことがアピール出来るわけです。

・アスベストが使われている物件であってもすぐに問題は発生しない

石綿に関してですが、空気中に浮遊している状態でなければすぐに健康被害が発生することはありません。基本的には健在に固定されているので、住んでいる方に健康被害を与えることはないのです、

問題となってくるのが、リフォームをする時や家を解体する時です。その時には注意して対応しなければ健康被害をもたらす可能性もあります。


■いつくらいの物件からアスベストの心配はないのか?

・2004年以降の物件は心配なし

昭和30年頃からアスベスト建材が利用され始めました。そしてほとんどの物件でアスベスト建材が利用されたのです。

しかし、危険性があることが分かったので、禁止に至るわけですが、仕様が原則禁止になったのは思ったよりも最近です。2004年なので、10年ほどしか経っていません。
逆に言えば10年以内に建てられた物件であれば、石綿調査は必要ないのです。アスベスト建材は使われていないわけですから。
問題は2004年以前に建てられた物件です。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します