読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

大手と地元業者のメリットとデメリット

不動産業者を選ぶときに頭を悩ませてしまうのが、大手の業者を選ぶのかそれとも地元の業者を選ぶのか、というところです。誤って選択をしてしまうと、思った通りの価格で売却できなかったり、思ったような期間で売却できなかったり、ということも考えられます。

今回は、地元業者と大手のどちらを選んだら良いのか、といった事を知ってもらうために、それぞれの業者のメリットとデメリットを指摘します。

どちらのタイプの業者を選択したら良いのかを考えてみましょう。


■大手業者のメリットとデメリット

・メリット

大手だからこそのネットワークがある
全国に店舗を持っている
物件の情報を広範囲に流すことが出来る
買い手が多く集まる可能性あり

大手を利用すれば、その大きなネットワークの中で販売活動を行ってもらえます。より多くの方の目にとまるようになるのです。
結果的に購入希望者が集まりやすい、といった特徴を持っており、売却できるか不安に思っている方にはかなりおすすめです。

全国に店舗があるので、売却物件の近くにも店舗があるとより買い手がつきやすくなります。

・デメリット

地域密着という部分は薄れてしまう
低価格にされてしまうことも

大手の業者でありがちなのが、期間を優先してしまう、ということです。ですから、売却価格をわざと低めに設定してしまいます。その結果、売却できたとしても損してしまう状態になりかねません。


■地元業者のメリット・デメリット

・メリット

地域の特色を理解している
地域特有の買い手が集まりやすい
地域の過去の売却データを持っている
査定額の精度が極めて高い

地元業者の場合は、その地域の不動産売買の経験があります。過去の売却データをしっかりと持っているので、どのくらいの期間で売却できそうか、ということもシミュレーションしやすいのです。
さらに、売却データが有るということは、適切な査定額も出してくれやすい、といったメリットが有ります。安く買い叩かれるような状況は避けられます。

・デメリット

広い範囲の情報は持っていない
広告にかける費用が少ない

地元業者の場合は、広告活動にそれほど力を入れていない、というケースが極めて多くなっています。多くのサイトや多くの紙媒体に広告を出すようなことも行っていません。
多くの方に物件の情報を知ってもらえない可能性があるのです。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します