読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

⑤購入希望者の内見が行われる

不動産の売却活動が開始されると、購入希望者が出てくることになります。そこで注目しておきたいのが、「購入希望者の内見」です。

不動産のデータを見ただけで売却する、ということは基本的にないのです。自分の目でしっかりと確かめてから購入するかを決定します。数千万円の取引になることが多いので、気軽に購入を決められませんよね。

こちらでは、購入希望者による内見について徹底解説します。実際にどのようなことが行われるのでしょうか?内見の実際に迫ります。


■内見には立ち会うことになる

・最高のチャンスであることを自認すること

内見が実施される時には、基本的に売り主もその場にいることになります。不動産会社の担当者と購入希望者、そして自分がいることになるのです。

そもそも、購入希望者はその物件に対して幾つかの質問をしたい、と思っています。土地だけであればデータを見ればある程度よいかもしれません。しかし、建物に関していては、住んでいる方の意見を直接聞く、ということが極めて重要になって来ます。

住み心地などを尋ねられることもありますし、いつリフォームをしたのか、ということを聞いてくることもあります。

注目して欲しいのが、「内見は売る側にとって大きなチャンスである」という事です。それは、その物件のアピールポイントを購入希望者に直接伝えることが出来るからです。うまく伝えられれば、その購入希望者が実際に買ってくれるかもしれません。
だからこそ、ここでマイナスの評価を与えないように注意しなければならないのです。

※内見に必ず出席しなければならないわけではありません。特に、すでに引越し先に住んでいる、という場合には内見に出るのは難しいでしょう。その場合には、不動産会社の鍵を預けて対応してもらうことが可能です。しかし、直接的に購入希望者のアピールできないので、その点はマイナスと言っても過言ではありません。


■内見時の注意点について

・掃除を行っておくこと

物件が汚いと魅力も半減してしまいます。そうなってしまわないようにするためにも、掃除は積極的に行っておかなければなりません。
ホコリが溜まっているような物件を「購入したい」と思わせるのは大変ですよね。

物件の掃除に関してですが、内見が始まるとたて続けに予定が入ることもあります。ですから、普段から行ってください。物件の印象が良くなれば、価格交渉も有利に進められますよ。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します