読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

住宅ローン滞納時に対処法|任意売却と競売

住宅ローンは毎月かなりの金額の返済を必要とします。利息率は低めに設定されているのですが、借入金が大きいので毎月一定以上の返済を行わなければ、なかなかローンが減らない、といった状態になりかねません。

住宅ローンを滞納してしまうと大変なことになります。不動産の所有権を失ってしまうこともありえるのです。滞納状態が一定以上続いてしまうと、不動産が競売にかけられて売却されることになってしまうかもしれません。

こちらでは住宅ローン滞納時の不動産の売却方法としての「競売」と「任意売却」というものにメスを入れます。それぞれにどのような特徴があるのでしょうか?


■競売とは?

・不動産が差し押さえられ、裁判所が認めたら競売が実施される

競売とは、要は財産差し押さえの延長線上のようなものです。裁判所の権限で強制的に不動産を売却することになります。その売却代金から、ローン業者への支払いが実施されます。

競売に関して言えば、本人の希望は一切反映されません。強制的に不動産が売却されることになるのです。入札され、最も高く値段をつけた方に売られることになるのですが、基本的にかなり安い金額となってしまいます。

住宅ローンは、競売から債権の回収を実施しますが、価格が安かった場合にはまだ住宅ローンが残ってしまいます。その残りは今後も支払いを続けていかなければなりません。

さらに競売の情報に関しては。競売公告掲載といったものが行われます。近所の方や親戚、そして会社の方などにバレてしまう可能性もあるのです。


■任意売却とは?

・一般の不動産売買とほとんど一緒

任意売却は不動産仲介業者に仲介をしてもらって売却先を見つけ出す、という売却方法です。ですから、一般の不動産売却方法と大きく変わることはありません。

競売とは異なり、比較的高い値段で取引できる可能性もあります。ただし、時間的な制限もあるので、ちょっと低めの金額での取引とはなりますが、それでも競売よりは有利なので利用する価値があります。

周囲に知られることなく家を売ることも可能です。親戚などに心配をされてしまう恐れもないのです。

また、引越し代金などを買い手側からサポートしてもらえる可能性もあります。競売よりもメリットが多いので、住宅ローンを滞納してしまっている場合には任意売却の利用を検討しましょう。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します