読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

家の任意売却のメリットとデメリット

住宅ローンを滞納した時に対処方法の一つとして「任意売却」という対処方法があります。非常に素晴らしい効果を持っているのですが、デメリットがないわけではありません。

こちらでは任意売却を利用するメリットとデメリットについてお話します。

任意売却を検討している、という方は要チェックです。


■任意売却のメリットとは?

・相場に近い金額で売却できる可能性あり

一般の不動産と同じような売却方法となるので、通常の相場に近い金額での取引となります。少しでも高く売却できれば、住宅ローンの返済も進みます。
一定以上の返済ができれば、任意売却後のローンの返済も楽になるでしょう。

ちなみに、任意売却後は返済価格や期間などが再設定されます。任意売却前のような月に10万円以上の返済が必要、といったことになるわけではないので安心してください。

・住宅ローンを滞納していることが周囲にバレない

任意売却以外の対処方法として、「競売」があります。競売に関しては、情報が様々な所に掲載されてしまいます。その情報を見た方に、競売をしていることが分かってしまうのです。

しかし、任意売却に関しては、情報が出てしまうことはありません。周囲にバレることなく任意売却を利用して住宅ローンの返済が出来るのです。

・場合によっては家に住み続けることも可能

どうしても今の家を離れたくない、という方もいるでしょう。実は、任意売却の場合はその家に住み続けられる可能性もあります。

任意売却を実施して、その物件を賃貸として住まわせてもらう、といった方法があるのです。家賃を支払うことになりますが、今までどおりに住み続けられる可能性が任意売却にはあります。


■任意売却のデメリットとは?

・売買価格の交渉が折り合わない可能性あり

競売の場合は、入札した方の中から売却する相手が決まるのですが、任意売却は1対1の関係に近いわけです。価格交渉を行って、お互いに納得しなければ契約は結ばれません。
そのため、競売と違って、なかなか買い手が現れない、といったデメリットもあるのです。

・連帯保証人の同意がなければ利用できない

自分個人だけの判断で任意売却ができるわけではありません。連帯保証人の同意をとらなければならないのです。仮に連帯保証人の同意が取れなければ、任意売却を選択出来なくなってしまいますので、注意が必要です。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します