読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

相続された土地売却をするためにはどうしたら良い?

親などの親族がなくなった場合には、土地を相続する、ということもあると思います。その土地の相続ですが、利用していく場合には良いのですが、他の地域にすでに生活基盤がある、という場合には、基本的には有効活用は難し良いでしょう。何もしないで持っているような状態が続くと固定資産税だけがかかり続けていくことになってしまいます。 そこで視野にいれるべきなのが、利用しない相続した土地を売却する、ということです。こちらでは相続をした土地を売るためにはどうしたら良いのか、ということを詳しく解説します。 両親が土地を持っている場合には、誰にでも土地を相続する可能性はあります。事前にしっかりとどうするかは考えておくべきですよ。

相続によって取得した土地を売却するための準備について

・相続登記を行なうこと

親がなくなったからと言って、何もしなければ土地は自分のものにはなりません。勝手に売却することも出来ないわけです。そこでしなければならないのが、「相続登記」というものです。 相続登記ですが、土地を親などの親族の名義から自分の名義に移す、ということをしなければなりません

【相続登記の流れについて】

まずは所有者を確定するという必要性があります。所有者を特定するためには「登記簿謄本」を取得しなければなりません。 次に実施すべきは相続人を確定する作業です。戸籍や住民表などの書類を取得する必要性があります。そして相続登記申請書類を作成します。 相続登記申請書類の作成が終わったら、登記簿謄本や戸籍や住民票などと共に法務局へ申請するのです。

【相続登記の申請書類の中身について】

以下の書類が必要になるので覚えておきましょう。 ・住所証明情報 ・登記原因証明書情報 ・相続登記申請書 ・登記にかかる登記免許税 申請書類の作成は何もなしには難しい設定となっています。そこで注目してほしいのが法務局のホームページ(http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html)」です。 「登記申請書の様式及び記載例」というものがあるので、そちらを参考に記載してください。様式については一太郎やワード、そしてPDFファイルで確認可能です。

相続登記にかかってくる費用とは?

・戸籍・住民票・評価証明書の代金・・・数千円程度
・登記事項証明書の代金・・・1物件あたり600円程度
・登録免許税・・・固定資産税の1,000分の4

上記が相続登記にかかってくる金額です。 登録免許税に関しては、土地の評価額や建物の価値なども大きく関わってくるので、人によってかなりのばらつきがあります。しかし、その1,000分の4程度の金額なのでそれほど苦学になることはありません。 ただし、土地が広かったり評価額が高い土地を相続することになったりしたら、それなりの金額を用意しなければならないことになります。 固定資産税の計算は少し複雑なので、「経営ハッカー」の「固定資産税っていくらかかるの?計算方法を徹底解説|計算例3選つき」(https://keiei.freee.co.jp/2015/04/27/koteishisanzei_keisan/)を参考にするのもおすすめです。、また、前年度の支払った固定資産税額を確認しておくのもおすすめです。

売却先を探す

準備ができたら、いよいよ土地も相続できたということなので、売却活動に這入ることになります。せっかく土地を相続したのですから、少しでも高く売却をしたい、と思うものでしょう。 しかし、買い手の方は少しでも安く購入したい、といった気持ちもあるわけです。

・一括見積もりサービスを利用しよう

相続した土地ですが、少しでも高く売りたいと思うのであれば一括見積もりサービスの利用を計画しましょう。一括見積もりサービスは3社から6社程度に対して、一括して見積もりを依頼できる、といった非常に便利なものなのです。 自分で5社も6社も見積もりを依頼していたらものすごく時間がかかってしまいますよね。 さらに、一括見積をしてもらうことで相続したと地位の大体の売却相場というものも見えてきます。どのくらいで売れるのか、ということが見積もり金額の平均から判定できるようになるわけです。 しかも、嬉しいことに一括見積もりサービスの利用については一切費用がかかるようなことはありません。完全無料で利用できます。 1円でも高く売却をしたい、と考えているのであれば一括見積もりサービスを有効活用してください。ちなみに、おすすめのサービスとしては「イエウール」や「オウチーノ」、そしてイエイ」があります。どれも評判が良いので、試しに利用してみる、ということもおすすめですよ。

売却以外の道もある

「両親が残してくれた不動産を売るのは忍びない」 「自分が子供の時に過ごした思い入れのある土地を手放したくない」 上記のようなことが頭をよぎってしまい、なかなか売却に一歩踏み出せない、という方も多いのではありませんか。そういった方は何も無理をして土地を売却する必要はありません。 しかし、そのまま土地を何も利用していないのは損しているのと同じことですよね。 こちらでは土地を売却しないで、しかも損もしない道を探ります。

・駐車場にする

近くにアパートやマンションなどがあるケース 駅などが近いケース 上記に該当する土地を相続した場合には、駐車場の経営を実施する、という方法もあります。 マンションやアパートが近くにある場合には、月極駐車場を経営するのです。例えば、10代に対して月に10,000円で貸し出した場合には、月に10万円の収入となり年間で120万円となります。 駅が近いようなケースには、コインパーキングを経営する、といった手法もあります。1時間あたり100円などで利用してもらうのです。ただ、コインパーキングの経営に関しては、仲介業者を通す方法が主流となっています。利用する特殊な機械などもあるので、業者を介したほうが管理しやすいわけです。

・賃貸アパートを経営する

土地を有効活用して賃貸物件を断てるのです。その賃料で収入を得ていく、という方法があります。 ただし、それなりの土地の大きさと立地なども大きく関わってきます。空き部屋などが出てしまうと当初の予定よりも収入が少なくなる可能性もあるので、近年ではなかなか難しいとされているのです。 ※東京など、人口の多い土地では成功するチャンスもありますが、地方では賃貸経営はかなり難しいとされています。

・トランクルームを経営する

トランクなどを置いて、そこに荷物を置いてもらうような経営を実施する方法もあります。トランクルームの場合は、車でやってくる人も多いのでそれほど立地にこだわっていない方も少なくありません。 ただし景観的な問題もあるので場所によっては行いにくい、といった特徴もあります。 他の方法と同様に、利用者が少なければ経営的に難しくなる恐れもあるので注意したいところです。

・売却以外の土地活用と資金について

駐車場も賃貸物件もトランクルームも、できれば自己資金で賄えれば言うことはありません。しかし、自己資金だけでは難しいケースもあるでしょう。例えば賃貸物件を経営しようと思った場合には、数千万円のお金がかかることも考えられるわけです。賃貸物件を建設することになるわけですからね。 しかし、実は土地があることによって自己資金なしでも経営を始められる可能性があります。初期投資ゼロというものも少なくありません。 土地を担保に入れることでお金を借りて経営を開始できるようなサービスも有るのです。ただし経営が軌道に乗らなければ返済が難しくなることも考えられるので、そんなに甘くはないのですがお金がないから土地活用が出来ない、というわけではないことは覚えておきましょう。相続した土地を手放したくないのであればチャレンジしてみましょう。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します