読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

土地売却で失敗しないための方法|信頼できる担当者を選択する

土地売却に失敗する、といいうことだけは避けたいところです。数百万円や数千万円の取引にもなるかもしれないわけです。大きな損失になるようなことは避けなければなりません。 土地売却で失敗しないためには、信頼できる担当者を選択することが何よりも大事になります。実は担当者によって売却する値段が大きく変わってきてしまうことも十分に考えられるわけです。 こちらでは信頼できる担当者であるかを判断するポイントについて解説します。これから不動産業者を選ぶ予定、という方は必見です。

信頼できる担当者を見つけ出すポイント

・確認事項について丁寧な解説を行ってくれたか
・査定金額の報告時に金額の根拠となるような情報を掲示してくれるか
・査定前にローンの残っている金額や物件の現況に関する細かい情報まで確認してくれるか
・売却理由を確認し、依頼者に合わせた売却プランを提案・計画してくれるか

以上の4つの項目は特に重要です。全てしっかりと該当している担当者を選択しましょう。誤って選択してしまうようなことはないようにしてください。 もちろん、上記のようなことが出来なくても人が良さそうに感じてしまうこともあるでしょう。しかし、担当者としてのスキルがない人を選んでしまえば、損失を被るのは自分です。全てに当てはまる人物を担当者として見つけ出すことが肝心ですよ。

【確認事項に関する丁寧な解説とは?】

不動産を売却するにあたり、いくつも確認しなければならないことがあります。そもそも査定するためにはそれなりの情報も必要になってくるわけです。 担当者の中には、宅地建物取引主任者の資格を持っているケースも珍しくはありません。彼らは専門的な知識を持っているからこそ、専門用語で解説してくる例もあるのです。しかし、素人の我々にとってはわからないことだらけになってしまいますよね。 そうではなく、説明するときには素人にもわかりやすく説明してくれる、というスキルが非常に重要になってくるわけです。担当者が話している内容が自分に取って分かりやすかったでしょうか。分かりやすかったのであれば、その担当者は良い担当者、といっても間違いではありません。

【査定金額の報告について】

不動産の査定を依頼すると、不動産業者は様々な情報や現地の観察などを行って査定額を出すことになります。その金額が依頼者に伝えられるわけですが、単に査定金額だけを伝えるような担当者はおすすめできません。 査定金額の根拠をしっかりと伝えてくれるような業者を選択すべきなのです。

・なぜその金額になったのか?
・周りの不動産よりも高い理由や安い理由を教えてくれたか?
・売却を依頼した不動産に対してどのように評価しているのか?

上記のようなことを確認してくれる担当者をなるべく選択してください。そしてなぜその査定額に至ったのか経緯を説明してくれる担当者が良い担当者です。金額の根拠を明示してくれなければ、依頼側としてはなぜその金額に至ったのか分かりません。それでは査定を受けた意味がない、と言っても過言ではないわけです。 不動産業者側としても、なぜその査定額に至ったのかを説明する義務があります。人の資産を取り扱っているのだから、責任を持って説明しなければならないのです。それが出来ない業者というのは、やはりおすすめできないわけです。

【査定前のヒアリングについて】

こちらの状況を確認してくれる担当者というのは、我々のことをしっかりと把握して査定してくれる方です。こちらの状況を把握することで、様々なアドバイスもくれるようになります。 不動産の売却というものは一生に何度も経験するものではありません。基本的にはわからないことだらけになってしまうものなのです。例えば、ローンが残っている場合はどのように対処して売却すれば良いのでしょうか。境界線トラブルが有るような土地を売る場合にはどうしたら良いいのでしょうか。 それらのこともしっかりと説明してくれる業者を選択しなければなりません。 ちなみにローンに関しては、売却した時に基本的に一括返済を実施します。売却した金額から返金を実施するわけです。そのときには繰り上げ返済手数料が数千円から数万円かかってくるので、その点もしっかりと説明してくれる担当者がおすすめです。

【売却プランについて】

不動産業者の担当者の中には、自分で勝手に売却プランを考えて、こちらの希望を全く聞いてくれない、というケースが極めて多くなっているのです。 そもそも依頼者には依頼者の都合があるわけです。勝手に売却プランを決められてしまうのはなんとしてでも避けたいところ。 良い売却プランを断てるためには、意見を聞いてくれなければなりません。

・いつまでに売りたいのか?
・どのくらいの金額で売りたいのか?
・どのような契約方法で売りたいのか?

上記のようなことは必ず確認されるべきことなのです。それを怠るような担当者は良い担当者とはいえません。必ず避けましょう。

【こちらのニーズに合ったプランを提案してくれる】

上記のような担当者を選択するべきです。 ダメな担当者は、【依頼主の意見を聞かずに、担当者自身の意見を押し付けてくる】というものです。いま担当してもらっている担当者がもしもそういったタイプであった場合には、他の不動産業者の利用を考えましょう。

売るメリットだけではなくデメリットも教えてくれるか?

・デメリットも教えてくれるのが良い担当者

不動産の売買に関しては、良い結果になることもあれば、悪い結果になってしまうこともあります。だからこそ、良いことばかりではなく、悪いことについてもしっかりと説明してくれる担当者を探すべきなのです。 例えば、こちらが「この土地は2,500万円で売りたい」といった要望を伝えたとします。何もいわずに2,500万円で売り出してくれれば良いと思うかもしれません。しかし。、それが相場よりも圧倒的に高くて何年も買い手がつかなければ意味がありません。一方で「その金額では売りにくいので、2,000万円程度ではいかがですか?」とはっきりしてくれるような担当者のほうが信頼できるわけです。 耳あたりの良いことばかりを言う担当者が良いわけではありません。マイナスの情報についてもキチンと伝えてくれる業者を選択することが重要なのです。

レスポンスが早いか?

・後回しにしない担当者がおすすめ

不動産に関しては定期的な連絡というものも重要になってきます。買い手が現れた時に連絡をしてくれるか、ということも大切なのです。 仮に電話やメールをしてもレスポンスが遅い、となってしまうと不安になってしまいますよね?土地という大きな取引では、安心できる担当者を選択すべきです。 また、ちょっとしたことですがメールに誤字や脱字がないような担当者にしましょう。丁寧な対応をしてくれる担当者を利用することが大切なのです。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します