読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

不動産業者に会う前に準備をしておくこと

「家を高く売りたい!」と思うだけで何も行動を起こしていない、という方も多いのではありませんか?行動を起こしていないと、高く売りたいといった気持ちだけが先走ってしまい、価格がついてこないこともあるのです。

こちらでは、不動産業者に会う前にある程度の準備をしておくことをおすすめします。知識を身につけることが、不動産を高く売るために重要になってくるのです。
では、どのような知識を身に着けておくことが良い結果を招くのでしょうか?徹底解説します。


■不動産の「売却には諸費用がかかることを理解しておくこと

・仲介手数料
・印紙代
・ローン精算費用など

不動産を売却するとなると、幾つかの費用が必ずと言ってよいほどかかってきます。自分で売却をするのではないので、仲介業者に手数料も支払わなければなりません。かなりの負担になることも考えられます。

問題は、それらの諸費用がどれくらいかかるのかを前もって把握しておくことです。それらの諸費用がかかることを把握したうえで、査定を受けると、その査定額が適正なものであるのか、それとも適正なものではないのか、といったことが見えてきます。

知っておいて欲しいのが、諸費用がかかることを把握しないまま査定を受けてしますと、高いと思っても実際に自分の所に入ってくるお金が少なくなってしまう、という事もあり得るという事です。最低限の手元に残るお金ですが、「これくらいは欲しい」といった希望があるのではありませんか?希望があるのであれば、諸費用を不動産売却前に確かめておくべきです。


■仲介手数料はどの程度かかるのか?

・取引代金の×3%+60,000円+消費税

上記の計算式で簡単に計算します。正確な数字ではありませんが、ある程度精度の高い手数料の金額が計算できるのでチェックしてみましょう。

たとえば、取引代金が2,000万円であれば2,000万円×3%+60,000円+消費税となります。計算結果は66万円となり、そこに消費税がかかってきます。

2,000万円の不動産を売却すると70万円前後の手数料がかかる、ということ程度は知っておくべきです。


■印紙代とローン生産費用について

・印紙代・・・2,000円から80,000円
・ローン精算費用・・・10,000円から、+1,000円なら2,000円

ローン精算費用にはその他にも繰り上げ返済手数料がかかってくることもあるので注意して下さい。

印紙代については、基本的に15,000円前後がかかってくるケースが多いです。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します