読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

大手にするか?中小にするか?

家を売るときに考えなければならないことに、不動産業者の選び方があります。適切な業者を選ばなければ、なかなか売れないかもしれません。また、安く買い叩かれてしまうのではないか?といったことも十分に考えられるわけです。

今回は、大手の不動産仲介業者に依頼したほうが良いのか、それとも中小の不動産仲介業者にお願いしたほうが良いのか?といった事をお話します。


■不動産仲介業者の大小はあまり関係ない

・物件の魅力によってすぐに購入者が決まる可能性もある

大手の不動産業者の方が、有利なのではないか?といったことが思われているケースがあります。しかし、魅力的な物件であれば、特に業者の規模の大小は関係ありません。魅力的なところであれば、どちらであってもかなり早い段階で購入希望者が見つかるのです。

その理由として挙げられるのが「レインズ」です。

レインズに関しては、不動産の売却を検討している方であれば、聞いたことくらいはあるのではありませんか、レインズとは業者間の物件情報交換システムとなっています。

専属専任媒介契約と専任媒介契約をした場合は、不動産業者の規模に関係なくレインズに登録しなければならない、といった決まりになっているのです。一方で、一般媒介契約の場合は登録義務がありませんが、じつは、登録されるケースが非常に多くなっているのです。

ですから、物件情報交換システムに登録されている限りはどの規模の業者にお願いしたとしても、ある程度は情報が露出されている状態です。良い物件なら、どこに依頼しても買い手が付く可能性はある、と考えられるわけです。


■重要なのは売却活動の中身である!

・熱心な不動産業者を選択すべし

不動産業者の規模はあまり関係ないことがわかりました。そこで考えなければならないのが、売却活動に熱心であるか?それともあまりしてくれないのか?といったところです。

ホームページに情報を登録して、さらに新聞の折込広告やチラシ、そしてオープンハウスやオープンルームなどによる集客を行っているのか、といったことが極めて重要になってきます。

不動産業者を決める時には、販売計画や方針を確かめましょう。そして熱心に行ってくれそうなところを選択するのです。担当者に対して、しっかりと説明を求めることも忘れないで下さいね。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します