読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

不動産業者の平均売却期間を調べる

少しでも有利に家を売却したい、と思うのであれば、良い不動産業者を利用しなければなりません。不動産業者によっては、高く売れるものも売れなくなってしまうかもしれないのです。

今回は、より良い不動産業者の選び方として不動産業者の平均売却期間についてお話します。不動産売却期間を把握することで、良い不動産業者なのか、それともあまり良くない不動産業者なのか、といったことが見えてくるものなのです。


■何ヶ月で何%の成約を導き出しているのかを調べること

・売却期間が2ヶ月から3ヶ月であれば有利に不動産売却が出来る可能性あり

不動産業者では、平均売却期間を公表しているケースが多くなっています。たとえば、4ヶ月であるとか6ヶ月である、といったことが示されています。

平均売却期間はもちろん短ければ短いほど有利です。高く売却できる可能性もあります。早く売れたということは、早い段階で買い手がついた、ということの証明でもあります。

一方で平均売却期間が長くなってしまった場合には、なかなか買い手が現れなかった、といったことの証明でもあります。不動産業者としての売却活動に問題がある、といったことも十分に考えられます。

そもそも、売却期間が2ヶ月から3ヶ月程度であると、有利な価格で売却できるケースが多い、といったことがわかります。流石に平均期間で2ヶ月から3ヶ月というのは難しいかもしれません。しかし、その期間に少しでも近い不動産仲介業者を選択する、ということが非常に重要です。


■スタッフに質問しよう

・問い合わせピークは売りだしてからどのくらいにやってくるのか?

「1ヶ月以内にやってくる」という回答があった場合には、かなり有利な不動産業者である可能性が出てみます。問い合わせピークが売りだしてから早い段階に来るのであれば、早く売れる可能性が高いです。
早い段階で食いついてくる方が多いということは、売却価格が適正であった可能性も高くなります。売却価格そのままで買ってくれるケースも出てくるので、思った価格でのやり取りが出来るかもしれません。

問い合わせピークが遅い場合には、価格に問題があるケースが多いのです。高くしすぎてしまっていることもあるので、その不動産仲介業者の査定額には問題がある、といった証拠かもしれませんよ。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します