読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

売却一辺倒ではない業者がおすすめ|賃貸も考えよう

不動産を売却しようと思っている方ですが、売ることだけに集中しているケースも少なくありません。しかし、売ることだけを考えているとかえって失敗してしまうかもしれません。他の選択肢もある、ということを知っておくべきなのです。

おすすめの不動産売却業者を利用したいのであれば、売却一辺倒ではないところを選択しましょう。例えば、賃貸をおすすめしてくれる業者もあるのです。

こちらでは、売却以外のプランも提案してくれる不動産仲介業者についてお話します。


■売却と賃貸のシミュレーションを行ってくれる

・売却と賃貸の利益のシミュレーションを行ってくれるのか

売却と賃貸のどちらがお得なのか、ということは具体的な数字ではわかりにくいですよね。実際に、どの程度の金額になるのか、といった事をしっかりと把握して選択すべきです。仮に、売却よりも賃貸のほうが利益が出そうであったとしても、明確な数字が出ていなければ判断できません。

そこで不動産業者に見積もりをお願いするのです。もちろん、賃貸にも関わっている不動産業者に見積もりを行いましょう。正確な金額を導き出してくれるはずです。

・賃貸にするといくらの費用がかかるか?
・どのくらいの家賃収入があるのか?
・どのくらいの税金が発生するのか?
・最終的にどのくらいの利益が出てくるのか?
・修繕費の積み立てはどの程度必要になってくるのか?

賃貸にするにしても、様々な費用がかかってくるので、それぞれを理解しておかなければなりません。不動産を持っているということは、固定資産税もかかってくるので、税金も計算に入れる必要があります。
さらに、物件の管理というものも必要になってきます。管理会社を基本的に利用することになるので、その費用も考えておく必要があります。
そして重要になってくるのが、家賃の設定です。家賃の設定を間違えてしまえば、入居希望者がいなくなってしまうかもしれません。適切な金額に設定しなければならないのです。

そして最後に注目して欲しいのが、売却した時と賃貸にした時の利益です。売却した場合には一気にお金が入ってきます。一方で賃貸は毎月少しずつ入ってくることになります。ここで注目して欲しいのが、何年後に売却益と賃貸益が入れ替わるのか、ということです。

例えば、1,200万円で物件が売却できたケースと、1ヶ月10万円の利益が出る賃貸のケースで比較すると、10年間がボーダーラインです。10年以上経てば賃貸が有利となります。

期間といったものにも注目して、売却か賃貸を選択しましょう。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します