読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

賃貸にすると希望する賃料がもらえないことも

不動産を売却する時には、売却以外の選択肢もあります。それは、賃貸にする、といった方法です。しかし、賃貸に問題がないわけではありません。問題点が多い場合には、売却する、といった事も必要になって来ます。

今回は、賃貸にした場合のデメリットの一つについてお話します。もしも問題があると思ったら、素直に不動産は売却してしまいましょう。


■希望の賃料と手取り賃料には開きがある!

・希望賃料は入ってくる利益とは異なる

物件を売らずに賃貸にする場合には、月あたりの賃料を設定することになります。そこで考えなければならないことに、賃料の全てを受け取ることは出来ない、というものがあります。
たとえば、10万円の賃料に設定したとしても、10万円が入金されるわけではありません。そこから一定の経費が差し引かれていくことになるわけです。

そもそも希望賃料とは、オーナーが希望している賃料です。その賃料のままで入居者が入ってくれる、ということは少なくなっています。実際に成約する賃料に関しては、オーナーの希望している賃料よりも低くなることが一般的です。

さらに注目して欲しいのが、手取りの賃料です。成約した賃料の全てが入ってくる、と思っている方もいるかもしれませんが、そこからさらに差し引かれることになります。


■サブリース費用が差し引かれるケースが多い

・賃貸管理会社に委託するとかかってくる費用あり

そもそも、物件の管理ですが、素人の方が行うことは難しいです。そういった場合には賃貸管理会社にお願いすることになります。賃貸管理会社にお願いすることをサブリースともいうのですが、家賃保証を受けられる、といった特色もあります。仮に空室になったとしても、一定の家賃収入が得られるのです。しかし、賃貸管理会社としてもリスクがあるので、手数料を受け取ることになります。

賃貸管理手数料ですが、業者によっても異なってくるのですが10%から15%程度に設定されることが多いです。仮に100,000円の賃料であった場合には、実際に受け取る金額は毎月85,000円から90,000円となるのです。

手取りの賃料がどの程度になるのか?といった事を必ず理解したうえでサブリースを利用した賃貸経営を実施してください。もしも売ったほうがお得、と判断できた場合は素直に売ってしまいましょう。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します