読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

任意売却をしても住宅ローンが残ったらどうなるのか?

任意売却を実施して家が売れたとします。これでもうローンを支払わなくて良い、と思った方もいるのではありませんか?しかし、決してそうではありません。任意売却を行ったとしても住宅ローンが残ってしまうことがあります。

仮に残りの住宅ローンが3,000万円で、家が2,000万円で売れたとします。その場合、残り1,000万円のローンが問題となってくるのです。

残ってしまった分は返済しなければならないのでしょうか?それとも自己破産的な要領で返済しなくても良い、といった状態になるのでしょうか?


■住宅ローンの残りも返済しなければならない!

・住宅ローンが残った場合は分割返済を実施する

住宅ローンは特殊なタイプのローンとなっています。フリーキャッシングのように債務整理できるわけではありません。任意売却をして残ってしまった場合であったとしても、今後支払い続けなければならない、といった特徴を持っています。

しかし、安心してほしいことがあります。まず、残った債務に関しては一括返済を求められることはありません。分割返済ができるので、いきなり何百万円もの返済をしなければならない、といった状態にさせられてしまう恐れはないのです。

分割返済に関しても無理のないように実施することになります。一般的には、月々5,000円から30,000円程度の返済をしていくことになります。返済能力なども加味して月々の返済金額が再設定されるので、その点は安心して下さい。


■競売の場合は返済に困る可能性が高い!

・残債が出た場合には一括返済の必要あり

任意売却の場合は分割返済に応じてもらえますが、競売の場合は、残債が出た場合には一括返済をしなければなりません。

住宅ローンを支払えない状況で競売を利用したというのに、一括返済が出来るでしょうか?とてもではありませんが出来ませんよね。結果的に残債に関しては、自己破産せざるを得ない、といったケースが多いのです。

そもそも、自己破産をしてしまうと今後の生活に大きな支障が出てきます。しばらくは新たなローンも組めなくなりますし、クレジットカードも作れなくなってしまいます。個人信用情報に傷がついてしまい、ブラックリストに入っているような状態になってしまうのです。

自己破産はしなくない、という方に関しては任意売却を選択するべきでしょう。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します