読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家・土地・マンションなどの不動産を高く売る方法 | 不動産売却完全ガイド

家・土地・マンションなどの不動産を売る時には、出来るだけ高い値段で売却したいと思います。それにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか?当サイトでは、家・土地・マンションなどの不動産を出来るだけ高い値段で売る為のポイントや注意点、方法を解説します。いくつかのポイントを押さえるだけで、あなたの不動産を高額で売却することが可能になります。最大のポイントは一括見積りサイトの活用する方法です。一括見積りサイトで、一番高く売却出来る不動産屋さんが簡単に見付かるのです。

相続不動産を売却する時にかかる費用

相続不動産を売却する時にも、もちろん費用が発生します。そこで問題になってくるのが、どのくらいの費用がかかってくるのか?といったことです。かかってくる費用があらかじめわかっていれば、安心して相続不動産も売却できるようになるでしょう。

相続不動産の場合は、一般の不動産売却と異なる費用が発生することもある、といったことは理解する必要があります。それは、相続税や相続等にかかる費用です。

こちらでは、相続不動産にかかる費用について徹底解説します。


■相続税がかかってくる

・税金が発生してしまう

相続してから売却をすることになるので、相続税を支払わなければなりません。相続税に関しては時価ではなく、固定資産台帳や路線価といったものから算出した評価に対して課税される、といったシステムとなっています。
不動産業者が査定した査定額とは全く異なるので、その点については理解しておく必要があります。

ちなみに、相続税に関しては控除があります。控除額に関しては「3,000万円プラス600万円×相続人数」となります。相続人数が1名であった場合には、3,600万円までは相続税が掛かりません。
相続税は相続した全体にかかってくるものなので、不動産単体にかかるわけではない、といったことも理解しておきましょう。

相続税の最高税率は55%に設定されています。高額の相続があった場合には、かなり高い相続税を支払わなければならないこともあるので気をつけましょう。


■相続登記の費用がかかってくる

・登記事項証明書代金・・・1物件あたり600円
・戸籍・住民票・評価証明書代・・・数千円程度
・登録免許税・・・固定資産税の1,000分の4
・その他費用

相続登記に関しては、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する、といった事も可能です。専門家に依頼するときには、その他に費用が発生してくることになるので気をつけてください。


■その他は通常の不動産売却と大きな違いなし

・仲介手数料
・利益が出た場合の税金

相続不動産の売却を行うケースであったとしても、相続以外の費用に関しては特に通常の不動産売買と大きな違いはありません。
不動産会社に支払う仲介手数料と、利益が出た場合の譲渡所得にかかってくる税金が費用のメインです。

仲介手数料に関しては、数十万円から100万円以上になってしまうこともあるので注意してください。

ページ上部へ戻る

© 2016 ie-uru.hatenablog.com文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します